必須になりつつある案件サイト

フリーランスをするエンジニアにとって生命線となるのが、案件の獲得です。独立したら自分で仕事を獲得しなければならないのがフリーランスの特徴で、エンジニアの場合には基本的に企業となるクライアントから仕事の依頼を受けて働くことになります。
昔は、フリーランスを始めると自ら企業へ営業活動に向かい、今まで作り上げてきた人脈や実績を活用して仕事を手に入れていました。しかし、今では案件サイトが林立するようになり、企業も直接フリーランスのエンジニアに仕事を任せるより、案件サイトで募集をかけるようになってきています。
営業活動で仕事を手に入れるのが通例だった時代は終わり、案件サイトがなければむしろ仕事を獲得できなくて困る時代になっているのです。

ですが、利用しなければ案件が見つからないというわけではありません。企業とのつながりを強めて、コンスタントに仕事をもらっているエンジニアもいます。もちろん、その状況になるまでには長い道のりがあり、それまで案件サイトで仕事を探さざるを得ないのが現状です。
もはや案件サイトに登録して仕事を獲得するのは、フリーランスをするうえでの基本手段となっています。中には営業活動が好きで独立するエンジニアもいますが、その実力を発揮する機会にはあまり恵まれないでしょう。案件サイトを仕事の獲得に有効な手段として考えた方がよほど賢明で、フリーランスをするならまずは案件サイトの中でどこがいいかを検討することが重要です。