フリーランスになるメリット

IT業界のフリーランスは、プログラミングなどのスキルを活かして個人で仕事をする人を指します。エンジニアやWebデザイナー、プログラマーなどさまざまな職種が存在するのが特徴です。フリーランスとして独立する方法には、二通りあります。
一つは、自分自身で企画や開発をして収入を得る自前サービス型のフリーランスです。起業する形に近く、事業が軌道に乗ればスタッフを増やしたり法人化したりもできるでしょう。成功した際は大きな利益を得られるケースが多く、ストック収益を生み出すことができるので自動的に稼ぎ出せるのも魅力です。
もう一つは在宅型フリーランスで、クライアントから依頼を受注して報酬を得る方法となります。独立してから時間が経っていなくてもすぐに収入につなげることができ、安定した収益を目指せるのがポイントです。

フリーランスになることで得られるメリットは、収入が増えることや働く場所が自由なこと、仕事を選べるようになることです。依頼された仕事の単価や支出となる経費は自分でコントロールでき、収入を増やせるように工夫できるので年収アップにつながります。
また、働く場所は決められていないことが多いので、オフィスだけでなく自宅やカフェで仕事をすることも可能です。得意な仕事を選んだり、会社員では挑戦できなかった仕事に挑戦できたりと自分の可能性を広げられます。やってみたいプロジェクトに参加することも、プレゼンテーションに応募することも自由です。